言葉が多すぎる

言葉が多すぎる

実は美容室に行くのが苦手だ、と言う人の多くの理由は、美容師に話しかけられるのが苦手、と言うのが多いと思います。最近の美容室は本当に美容師が良く話しかけてきます。話しかけてくる、というよりはマニュアル通りに声を掛けているのでしょうけれども、それがかなり頻繁になっている様な気がします。シャンプーの時などはそれが顕著ですよね。「お湯加減は如何ですか?」と聞いた後で「熱くはないですか?」と言うアシスタントもいます。恒例の「かゆいところはありませんか?」の質問も答える人がどのぐらいいるのだろうか?と思うような質問ですよね。そしてちょっと度が過ぎると思うのは、シャンプー台に乗っている間の体勢で話をするのは結構つらいのに、次から次へと雑談をしてくるアシスタントがいる事です。自分の話を一方的にしているのならまだよいのですが、質問をしてこられるのは結構つらいです。あの体制で声を出すのはなかなか難しいものなのですが、それも気づいてもらえない感じの事があります。美容室でのシャンプーはとても気持ちが良いものです。特に話しかけてもらわなくてもその段階で退屈している人はほとんどいないと思いますし、むしろ黙って心地よい時間を堪能したい、と思っているぐらいです。新小岩 美容室はその辺の空気を読んでくれるので安心できます。シャンプー時だけではなく、施術時の会話からお客様の性格などを読み取る力にもたけているスタイリストさんが多いみたいです。